表参道はブランドを楽しむべき♪

表参道とは、青山通りから原宿駅前の明治神宮の神宮橋交差点の前までを言います。明治神宮の参道として作られました。青山通りから地下鉄の表参道駅周辺はショッピングストリートとして知られ、国内外の有名ブランド店が軒を連ねています。

2006年には表参道ヒルズが、2012年には東急プラザ表参道がオープンして、今後も若者たちが集う中心的な街として発展していきそうです。表参道ヒルズは地上6階、地下6階で、地上地下3階までは有名ブランド店が入居していますが4階以上は住居スペースになっています。土地が傾斜しているため、内部の構造は吹き抜けでスロープが螺旋状に繋がっています。

東急プラザは渋谷、蒲田、赤坂、札幌、江坂、戸塚にはすでにある商業施設。東急プラザ表参道は日本初出店となるアメリカン・イーグル・アウトフィッターズや、トミー・ヒルフィガーのグローバル旗艦店など有名なブランドが入居するということもあり、オープン時からとても注目されていました。また、屋上はスターバックスと繋がるようにウッドデッキになっており、都心にいながら緑に触れ合うことが出来ます。そこから見える風景は人がたくさんいる原宿、渋谷なのですが、なぜだか落ち着くスポットとなっています。

表参道でのバイトであれば、やはりアパレル関係の仕事をしたいという人に向いているのではないでしょうか。流行の最先端である原宿、表参道で働けるのはとてもやりがいがあり魅力的です。また、アパレルといえばカフェ。アパレル企業が運営するカフェは、内装・什器・食器・カトラリー・制服など一貫したスタイルが魅力。ブランドに包まれた特別な空間になります。そんなお店ではたらく人は、ブランドに選ばれているという特別な印象があり素敵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です